プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ

読売ジャイアンツに魅せられて25年。プロ野球界の発展のため、巨人軍は常に最強でいてほしいと願う大阪在住の二児のパパです。

ブログランキング、応援クリック下さい♬

【ブログランキング、応援クリック下さい♬】

↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ  

セ・リーグ

阪神タイガース期待の若手選手は?2020年も盤石の中継ぎ陣がウリ?

投稿日:

2019年セ・リーグ3位の阪神タイガース。

最後の追い上げは見事で、クライマックスシリーズも横浜ベイスターズに競り勝った力は、2020年に繋がる戦いだったと思いますが、一方で課題の打撃力と先発投手の薄さはしっかりと補いたいところです。

FA補強には消極的と言われる中、ソフトバンクホークスの中田投手を金銭トレードで獲得、現在元西武ライオンズの牧田投手を調査中と報道され、着実に補強を進めていますが、やはりファン心理とすれば若手の台頭が一人でも多く出てきて欲しいところ。

そこで、今回は阪神タイガース期待の若手は?というところで、筆者がおすすめする選手をピックアップし、2020年の戦力予想をしたいと思います。

 

<注意書き>

その1 筆者の独断と偏見、ニュースの情報などを加味しての選出ですが、各球団の戦力分析も兼ねて、筆者の知識を増やしたいと思っています。そのため、是非とも読者様の中で「この選手も良いよ」という方がいらっしゃれば、分析の上で追記していきたいと思いますので、コメントなどいただければ幸いです。

その2 プチブレイクした選手も中には含まれています。タイトルホルダーや二桁勝利、打率.250以上、ホームラン二桁、盗塁二桁経験者は除外とします。

 

阪神タイガース 期待の若手2020投手編

まずは投手編という事で期待の若手を確認したいのですが、その前に2019年度ドラフトで獲得した投手を見ておきましょう。

ドラフト順位 指名 出身校
1位 西 純矢 創志学園高
3位 及川 雅貴 横浜高
6位 小川 一平 東海大学九州キャンパス

今年は野手含め高校生の素材型を上位指名しており、即戦力投手は6位と下位指名の小川投手のみ。

小川投手は、かなりの苦労人で大学3年時は腰痛、4年時は大学の暴力事件という不祥事でリーグ戦に出場できなかったのですが、2017年には侍大学ジャパンの強化選手に指定されています。

タイプとしてはリリーフ型ですが、今の阪神タイガースの中継ぎ陣ではいきなり一軍から出てくるのは難しいと思われます。

特に、腰痛を発症したところからも、身体面の強化が必要だと思われますので、今年のドラフト選手で即戦力として期待される選手は「限りなくゼロ」、あったとしてもドラフト1位の西投手が早くから出てくるかも?といった程度の期待感です。

 

2020年 プチブレイク候補投手編

それでは、支配下登録の選手でブレイクしそうな選手を予想してみましょう。

まず一人目は、もう期待の若手・・とは呼べないかもしれませんが、個人的に「この投手、なんで勝てないの?」と思うほどの選手、「小野泰己」投手です。

小野泰己

西武ライオンズ多和田投手と同じ富士大出身で、金本監督(当時)も一年目のキャンプで小野選手の事を

「伸びるな!」

「きれいなフォームで回転のいい球」

「ドラ1ぐらいの評価は十分にある。岸?あのようになってくれたら」

「低めは浮き上がってくる感がある」

「球質的には球児に近い感じじゃないかな」

「アウトローなんか、冗談抜きで浮き上がってくる」

と賛辞の言葉を並べ、大絶賛していますが、入団後の主な成績は、

登板数 勝数 負け数 防御率
2017年 15 4.35
2018年 23 4.77
2019年 14 2.31

と、期待の割にはブレイクしきれていない印象。

特に2019年は右肘を怪我した事もあり中継ぎ登板する事が多かったですが、5ホールドポイントあげて大事な場面でも投げていたので、潜在能力の高さは疑いがありません。

2020年は怪我には気をつけて、先発の一角を担って欲しいのが矢野監督の本音でしょう。

 

次に二人目は、松坂大輔選手も認めるストレートが魅力の「才木浩人」投手です。最速153キロの威力十分の才木投手ですが、小野選手同様に2019年は怪我に泣かされています・・

才木浩人

入団後の成績ですが、

登板数 勝数 負け数 防御率
2017年 0.00
2018年 22 10 4.61
2019年 4.70

と2018年にはブレイク予感を漂わせた選手ですし、2020年は怪我がなければ二桁勝利はあるんじゃないか?と期待されています。

ストレートの他に、落差の大きいフォークも投げますので、決め球に十分使えますので、いかにカウントを稼げるストレートと他の変化球を活かせるかが、課題かもしれませんね。

 

次に三人目ですが、2018年ドラフト4位のホンダから入団した「齋藤友貴哉」投手です。

齋藤友貴哉

2019年シーズンは1試合に登板のみですが、33試合に登板、防御率3.82、1勝2敗8セーブとリリーフエースとして活躍しています。

スリークォーターから最速153キロのスピードボールを投げ込んできますが、強気の攻めのピッチングを貫き通せるか?2020年はリリーフの一角に食い込みたいピッチャーです。

 

最後に、横浜創学館高から2015年ドラフト4位で入団の「望月惇志」投手です。

望月惇志

入団からずっと期待されている選手ですが、この選手も残念ながら怪我に悩まされる事が多い・・阪神の投手陣はパワーピッチャーが多く、潜在能力の高さはピカイチだと思うのですが、怪我する人が多いんですよね・・・

その点は残念ですが、望月選手はやっぱり期待感あります!190センチ87キロという恵まれた体格から投げ下ろすストレートは最速159キロ!

常時140キロ後半を投げる馬力ある投球は見応え充分です。

入団後の成績は、

登板数 勝数 負け数 防御率
2016年 0.00
2018年 37 4.30
2019年 4.02

と2017年こそ怪我で登板数がゼロですが、2018年は中継ぎの一員として結果を残し、2019年飛躍が期待されましたが、先発転向に順応できず。

それでリーグ終盤、クライマックスシリーズでも先発登板、フェニックスリーグも先発と、将来のエース候補として球団は育成したい意向が見られます。

入団時にマックス148キロだった事を考えると、4年で10キロ近くスピードを上げてきた事になりますので、潜在能力はピカイチです!

是非とも投手陣の柱に成長してほしい一人ですね。

 

阪神タイガース 期待の若手2020野手編

次に、野手の期待の若手をチェックしたいのですが、その前に2019年のドラフト指名選手の確認をしておきましょう。

ドラフト順位 指名 出身校
2位 井上広大 履正社高等学校 外野手
4位 遠藤成 東海大学付属相模高 内野手
5位 藤田健斗 中京学院大学附属中京高 捕手

と指名すべて高校生、育成選手に小野寺暖外野手(大阪商業大学)、奥山皓太外野手(静岡大学)の指名をしていますが、現有戦力で戦いながら、育成をしていく方針でしょうか・・

現状の阪神タイガースの外野陣は福留選手と糸井選手とレジェンド級がいますが、正直ベテランがスタメンを張るような布陣では、他球団は怖くないかな??と思いますので、若手の台頭は必要になります。

 

2020年 プチブレイク候補野手編

それでは、支配下登録選手の期待の若手選手を確認してみましょう。

一人目ですが、立教大から2017年ドラフト3位で入団した「熊谷敬宥」内野手です。173センチ小柄タイプですが50mm5.9の快足と守備力の高さに定評あります。

熊谷敬宥

2018年にはファームで11盗塁と結果を残し、1軍登録され19試合に出場していますが、2019年は出場ゼロです。

課題はやっぱり打力、非力感があるのと糸原選手とタイプが被るのと、代走としても外野の島田選手がいるので、今のままだと一軍定着は難しいので特徴をはっきりしてほしいところです。

 

二人目ですが、もう若手とは言えないかも知れませんが、個人的に気になる選手が「陽川尚将」外野手です。

陽川尚将

東京農業大から2013年ドラフト3位で指名を受けていますが、金光大阪高の時に巨人でドラフト指名されていて、当時拒否し大学入りした選手です。

巨人入団拒否の理由は、ファンとしてはあまり許されたものではありませんが・・笑、阪神愛がある選手なので、それなら阪神で働かないとねぇ・・とずっと注目してきましたが、未だにブレイク出来ずというところです。

巨人がドラフト指名したのも長打力が魅力の選手だっただけに、ファームでは毎年持ち前の長打力を発揮していますが、一軍でも目立った数字をあげれていません。

入団後の成績は、

出場数 打率 ホームラン数 打点
2016年 29 .167
2017年 12 .167
2018年 75 .252 48
2019年 28 .169

と2018年にブレイクの予感を漂わせただけに、2019年は勿体ない・・

2016年、2017年とファームで打撃二冠(ホームラン、打点)を獲得しているだけに、歯がゆいところです。

是非とも、福留選手、糸井選手に代わる外野手に成長して欲しいと、ファンは願っているのでは無いでしょうか。

 

阪神タイガース 2020年の展望

その他に、江越大賀選手の名前も挙げる事が出来るかもしれませんが・・江越選手はもう若手でなく中堅に入っていると思いますので、除外しました。

このようにして、改めてファームの成績などを見ても、「野手陣に期待の選手が少ない」印象が強いです。特に遠くに飛ばせるパワーヒッターとなると、数少ない小粒な印象。

 

そのためもあってか、今回ドラフト2位で地元の井上広大選手を獲得したのは納得ですが、井上選手が出てくるとしても2年後、3年後の話でしょう。

それまでに、大山選手、江越選手、陽川選手、このあたりがしっかりとクリーンナップを打てるまでに成長しなければ、中継ぎがいくら良くても上位進出は難しいだろうと思います。

 

ピッチャーに逸材揃いで、巨人とは違ってパワーピッチャーも多くて羨ましい側面があるだけに、是非とも野手の奮起を期待したいところですね。

 

 セ・リーグ他球団の期待の若手は?

趣味を活かした
ブログ運営のコツを無料講座で学べます
内容はこちらクリックで確認できます
↓ ↓

OMC無料講座

  • この記事を書いた人

たーくん

読売ジャイアンツに魅せられて25年。 趣味のソフトテニス歴と同じだけの長さ、ずっと応援し続けてきました。 家族や自分の事より、プロ野球発展のためブログに命を込める素人野球バカのブログのため、経験者や識者の声も聞きながら双方向で発展させていきたいと考えてますので、積極的な交流をお願いします。 【趣味】 ・野球観戦(もっぱらテレビで) ・野球ニュースをネットや動画サーフィン ・ソフトテニス ビールはもっぱら本麒麟、最近スーパードライやキリンラガービールの味を忘れつつあります。 夜の晩酌の肴は、もっぱらプロ野球観戦、ストーブリーグは各球団の戦力分析かパワプロで過ごすアラフォーパパ。

-セ・リーグ
-

Copyright© プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.