プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ

読売ジャイアンツに魅せられて25年。プロ野球界の発展のため、巨人軍は常に最強でいてほしいと願う大阪在住の二児のパパです。

「セ・リーグ」 一覧

鳥谷敬 オファーなし

鳥谷敬選手オファーなしで引退か?偉大な成績を上げたレジェンドをこのままで良いのだろうか??

鳥谷敬選手は、2003年阪神タイガースの自由獲得枠でドラフト1位で入団し、一軍公式戦1939試合連続出場、13シーズン連続全試合出場、2000本安打と1000四球の記録を達成した、名球会入りが確実な選手です。 しかし、2019年オフに阪神タイガースを自由契約となり退団し、新しい移籍先を探してきました ...

福留孝介 引退

福留孝介選手2020年で引退か?過去の成績や年俸を参考にして今後の活躍を予測したいと思います。

日米通算2395安打を放ち、NPBだけでも1897安打と2000本安打まで101本と迫っている阪神タイガースの福留孝介選手。 2019年は若手の外野レギュラーが現れず、福留選手が先発出場する機会も多かったですが、今年で42歳を迎える年齢からしても、引退の時期が少しずつ迫ってきています。 2020年の ...

藤川球児 火の玉ストレート

藤川球児、優勝なら引退?復活の火の玉ストレートの回転数や2020年の成績を予想してみた!

昨年、阿部慎之助選手の電撃引退があり、往年の名選手たちの引退が徐々に近づきつつある中、阪神タイガースにも2020年引退を意識しながらシーズンを送る予定の選手がいます。 その名は「藤川球児」選手。 言わずと知れた、松坂大輔と同世代の最強リリーバーですが、阪神タイガースからメジャー移籍後は、独立リーグを ...

阪神タイガース 近本光司

阪神タイガース近本光司選手の評価は?2年目のジンクスとは無縁でしょうか?

2018年ドラフト一位指名を受けて阪神タイガース入りした近本光司外野手。 ドラフト前の評価では、パンチ力のある打撃は評判でしたが小柄なためホームランよりも打率を残し、盗塁が出来る俊足巧打のイメージでしたが、1年目は打率.279、ホームラン9本、盗塁36、長打率.375と中距離打者として評価できる内容 ...

2020年 セリーグ順位予想

2020年のセリーグ順位予想!野球解説者と素人管理人で大きな違いは出るかな??

2019年は巨人の4年ぶりの優勝で幕を閉じたセ・リーグ。 早いもので、時代は令和2年となり東京オリンピックを迎える今シーズンは、セパともに開幕が3月20日と1週間前倒しされ、日本シリーズは11月7日から始まりますので、非常に長いペナントレースを戦い抜く事になります。 今回、2020年セ・リーグの順位 ...

大野雄大 ノーノー

ノーノーピッチャー大野雄大投手は2020年FAで移籍?東京オリンピックでも活躍か?

史上81人目のノーノーを達成した大野雄大投手。 ポテンシャルは同世代ピッチャーにも引けを取る事ない選手ですが、タイトルとも縁がなく成績もイマイチだった左腕も2019年に最優秀防御率のタイトルを獲得し、才能を開花しました。 2020年オフには国内FAの資格を獲得し、東京オリンピック代表にも選出される可 ...

菊池涼介 ポスティング

菊池涼介選手FA行使せずポスティングでメジャー入り?気になる年俸や成績の推移を考察!

広島東洋カープから国内FA宣言はせず、ポスティングシステムを使っての大リーグ挑戦を目指している菊池涼介選手。 近年、日本人内野手が何人も挑み続けてきましたが、外野手や投手で成功した例はありますが、内野手では大きく成功した事例は、井口資仁現ロッテ監督と松井稼頭央現西武二軍監督くらいしかいません。 &n ...

村上宗隆 新人王

村上宗隆選手をドラフトで獲得できなかった巨人、でもヤクルトで良かったと思う理由は?

清宮世代で出世頭となった東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手。 思い返せば、ドラフト会議で巨人も獲得のチャンスがあったので、逃した魚を本当に大きいですが、ヤクルトだったからこそ、才能開花が早かったと思います。 巨人入りしていれば、おそらくあと1年、2年先となっていた可能性がありますが、とは言ってもた ...

山田哲人 トリプルスリー

山田哲人選手は国内FAで巨人移籍?ポスティングでメジャー?2020年オフは争奪戦も?

3度のトリプルスリーを達成し、2020年オフには国内FA権を取得する見込みの山田哲人選手。 はやくもFA権行使で巨人への移籍ではないか?と噂されていますが、ポスティングシステムを使ってのメジャーリーグ移籍の可能性もゼロではありません。 しかし、FA権行使となれば、ソフトバンクや他球団も含めての大争奪 ...

鈴木誠也 巨人

鈴木誠也外野手のFA権取得はいつ?巨人移籍まで秒読みって本当??

元新体操の畠山愛理さんと結婚した広島東洋カープの鈴木誠也外野手。 このまま順調にいけば、国内FA権の取得は2022年オフという事で来年にも早ければ国内球団への移籍も可能になります。 球界を代表する選手という事で、FA宣言すれば複数球団での大争奪戦は必至だと思われますが、鈴木誠也選手が言ったのか?どう ...

Copyright© プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.