プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ

読売ジャイアンツに魅せられて25年。プロ野球界の発展のため、巨人軍は常に最強でいてほしいと願う大阪在住の二児のパパです。

「 月別アーカイブ:2019年11月 」 一覧

西武ライオンズ

西武ライオンズ期待の新人は?秋山翔吾FA流出に伴い若手はチャンス?

圧倒的な打力で打ち勝つ野球で、パ・リーグ2連覇を達成した西武ライオンズ。 森友哉選手がパ・リーグMVPの受賞、山川 穂高、中村 剛也、源田 壮亮、秋山 翔吾と5名のベストナインが揃う西武黄金時代の幕開けも思わせる一方・・ 中村選手の高齢化、秋山翔吾選手の海外FA移籍の可能性、二桁勝利投手が2人、防御 ...

宮國椋丞

宮國椋丞の背番号が58番へ!もうオワコンなの?先発で復帰は難しいのでしょうか?

2019/11/29   -巨人
 ,

2010年ドラフト2位で糸満高校から入団し、ニ年目に6勝、三年目に6勝と勝ち星を積み重ねていった時は、「次世代のエース」と呼ばれている事もあった宮國椋丞選手。 現在は、中継ぎ投手になり、ビハインドの試合で見る事も多くなって、筆者的には寂しい気持ちもしているのですが、私と同じような思いをしているファン ...

高橋優貴

高橋優貴投手の背番号26へ!来季は決め球スクリューで二桁勝利目指してほしい!

2019年空き番だった背番号26への変更が内定している高橋優貴投手。 2018年ドラフト1位なので、もちろん期待はしていたのですが、筆者的な感想は「成績よりも、期待以上のポテンシャルの高さがある」と見ていて、2020年以降の活躍が楽しみな選手です。 今季は5勝しかあげていないですが、持っているポテン ...

増田陸

巨人の増田陸選手は現在怪我から復帰しウィンターリーグ参戦中!近未来期待の若手です!

2018年ドラフトでポスト坂本勇人の獲得のため、ポテンシャルの高さを買ってドラフト2位で明秀学園日立高等学校からプロ入りした増田陸選手。 同世代のショートには、中日ドラゴンズの根尾昂選手と、広島東洋カープの小園海斗選手よりも評価は落ちるものの、持っている可能性は引けを取らないと感じる素材。 現在、ア ...

田中俊太

田中俊太選手の成績が物足りない!巨人の背番号51を自分のモノにして兄超えしてほしい!

巨人の背番号51と言えば古城茂幸選手・・ではなく、今は若手有望株の田中俊太選手ですが、2019年は全体的な成績が下降しましたが・・ 先日の契約更改では100万円アップで更新しています。 個人的には、ちょっと甘やかしてるかな??優勝した祝儀査定かな?? と思うところもあるのですが、田中俊太選手には、兄 ...

桜井俊貴 覚醒

桜井俊貴投手が契約更改!なぜこんなに評価が高い?成績や球種から2020年の活躍を占ってみました

2019/11/27   -巨人
 , ,

2018年中継ぎで一軍帯同、2019年になりリリーフ登板から先発を勝ち取り、見事にローテーションピッチャーまで登りつめた桜井俊貴選手。 先発抜擢された交流戦からオールスター前までのピッチングは、まさに右のエースと呼んでも良いくらい安定した投球で、希望が持てる内容でした。 しかし、ペナント終盤につれて ...

ドリュー・バーヘイゲン

第二のマイコラス?日本ハム入団のドリュー・バーヘイゲンが活躍する予感

大リーグのデトロイト・タイガース所属で主に中継ぎで起用されていたドリュー・バーヘイゲン投手が日本ハムと契約した事がニュースになりました。 バーヘイゲン選手は29歳と若く、リリーフだけでなく先発も出来るタイプで、大リーグでも需要があるタイプの選手のため、今年もメジャー契約と思われていましたが、本人が先 ...

今村信貴

今村信貴投手の成績が微妙・・契約更改で年俸ダウンか?二桁勝利で左腕エースに成長してほしい

2018年にプチブレイクして、いよいよ生え抜き左腕のローテンションピッチャーが出てくるか?と密かに期待していた「今村信貴」投手。 2019年は春季キャンプでアピール不足から始まり、ファーム調整が続き、谷間の先発を任せられる程度の役割になり、個人的には中途半端な成績だな・・とヤキモキしています。 &n ...

エドゥアルド・ヌニェス

あの!イチロー愛を語ったエドゥアルド・ヌニェスが日本でプレーか?FA移籍の注目選手の成績は?

2014年日米野球で来日経験もあるエドゥアルド・ヌニェス選手。 2019年はボストン・レッドソックスに所属していましたが、自由契約(FA)となりましたので、他球団への移籍が噂されます。 内外野どこでも守る守備職人のヌニェス選手ですが、日本行きの噂も囁かれておりますが、獲得する球団はあるのでしょうか? ...

楽天 ロッテ トレード

千葉ロッテマリーンズと楽天イーグルス、FA移籍は主力と若手のトレードのようなもの?

千葉ロッテマリーンズの鈴木大地選手、楽天イーグルスの美馬学選手。 それぞれFA宣言後、移籍先が鈴木大地選手が楽天イーグルス、美馬学選手が千葉ロッテマリーンズとトレードを行ったような形になりました。 主力級の移籍で、共にFA補償はBランクという事で、人的補償が発生する事になりますので、これからそれぞれ ...

Copyright© プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.