プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ

読売ジャイアンツに魅せられて25年。プロ野球界の発展のため、巨人軍は常に最強でいてほしいと願う大阪在住の二児のパパです。

ブログランキング、応援クリック下さい♬

【ブログランキング、応援クリック下さい♬】

↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ  

今日のプロ野球ニュース

あの!イチロー愛を語ったエドゥアルド・ヌニェスが日本でプレーか?FA移籍の注目選手の成績は?

投稿日:

2014年日米野球で来日経験もあるエドゥアルド・ヌニェス選手。

2019年はボストン・レッドソックスに所属していましたが、自由契約(FA)となりましたので、他球団への移籍が噂されます。

内外野どこでも守る守備職人のヌニェス選手ですが、日本行きの噂も囁かれておりますが、獲得する球団はあるのでしょうか?

今回は、日本でプレーする可能性があるメジャーリーガーエドゥアルド・ヌニェス選手を紹介したいと思います。

 

エドゥアルド・ヌニェス選手のプロフィールと成績

ヌニェス選手のプロフィールをまず紹介したいのですが、

出身 ドミニカ共和国
身長 183センチ
体重 93キロ

2004年にニューヨーク・ヤンキースと契約、2010年にはヤンキースの最優秀マイナー選手を受賞し「ポストジーター」として注目されるもヤンキースでは開花せず。

それでも2011年にはジーターやアレックス・ロドリゲスのバックアップとして112試合に出場、2014年からはツインズで主にショートとしてレギュラーを過ごす。

2014年オフには、日米野球2014のMLB選抜として来日し、2016年にはオールスターにも出場しています。

2016年7月にはトレードでジャイアンツへ移籍、2017年7月にはトレードでボストン・レッドソックスへ移籍、2019年は1年契約でレッドソックスと契約、オフには自由契約。

とメジャー4球団を渡り歩いてきたプレーヤーです。

 

現在、32歳とまだまだ若く、円熟期を迎えているメジャーリーガーですが、打撃がウリというよりはどちらかと言えば「守備の達人」という印象。

内野であれば、ショート、セカンド、サードすべてメジャー平均以上の守備力を誇りますし、外野もレフトはやった事があるという事で、内外野守れるユーティリティさがウリです。

 

エドゥアルド・ヌニェス選手の主な打撃成績

2019年のデータが一部見つからないため、虫食いとなってしまい申し訳ないのですが、メジャー・デビュー後の主な成績ですが、

出場数 安打数 本塁打 打点 盗塁 盗塁死 四球 三振 打率 出塁率 長打率 OPS
2010 30 14 1 7 5 0 3 2 .280 .321 .360 .681
2011 112 82 5 30 22 6 22 37 .265 .313 .385 .698
2012 38 26 1 11 11 2 6 12 .292 .330 .393 .723
2013 90 79 3 28 10 3 20 51 .260 .307 .372 .679
2014 72 51 4 24 9 3 5 31 .250 .271 .382 .654
2015 72 53 4 20 8 4 12 29 .282 .327 .310 .758
2016 141 159 16 67 40 10 29 88 .288 .325 .432 .758
2017 114 146 12 58 24 7 18 54 .313 .341 .460 .801
2018 127 127 10 44 7 2 16 69 .265 .289 .388 .677
2019 38 2 20 5 .228

2017年には、OPS8.01を誇り、打率.313、ホームラン12本、打点58、盗塁24と走攻守でレッドソックスのサードとして活躍しています。

なかなか豪快な一発!

 

この盗塁シーンなんかを観ていると、西武ライオンズで活躍したヘルマン選手を彷彿させるようなヘッドスライディングでは??

こういったガッツ溢れるプレーを魅せてくれると、ファンも盛り上がりますし、チームの士気も高まりますので、良いですよね!

 

エドゥアルド・ヌニェス選手の守備力は??

ヌニェス選手ですが、打撃、走力だけでなく守備力も高い選手として、レッドソックスでもナイスプレーを連発しています。

過去の守備力のデータを引っ張ってきたところ、

セカンド サード ショート
出場数 失策 守備率 出場数 失策 守備率 出場数 失策 守備率
2010 1 0 15 1 .944 11 0 .1000
2011 16 0 .1000 40 6 .919 50 14 .913
2012 1 1 .667 9 2 .900 16 4 .931
2013 2 0 .1000 14 2 .933 75 12 .953
2014 2 0 .1000 20 3 .909 20 2 .970
2015 1 0 .1000 16 2 .917 27 0 .1000
2016 6 2 .895 81 5 .973 55 6 .970
2017 26 2 .979 53 9 .937 16 2 .956
2018 74 4 .982 45 3 .971

この他に外野のデータもありましたが、割愛させていただきますが、内野ではファースト以外は守る事が出来ます。

ナイスプレーが多い反面、集中力にかけるプレーを出してしまう事もあるという評判もある通り、エラー数は毎年そこそこ出していますが・・

個人的に評価したいのが、「球に対する反応の速さ」です。

捕手が見失ったボールでも、追いかけるだけの脚力と集中力は、個人的には守備のセンスがなければ無理だと思いますので、反応の速さを見るだけでも、十分に守備力は高いと感じます。

また、この動画を観ても分かりますが、捕球能力も優れていて、捕ってから送球するのが速く、肩も強いので、その点も評価を上げる事になりそうです。

 

懸念材料は膝の怪我の回復具合と契約金?

走攻守ともに高いレベルでプレーを続けてきたメジャーリーガーのヌニェス選手ですが、数字だけ見る評価通りにはいかない可能性があります。

その大きな懸念材料の一つが「膝の怪我」です。

2017年9月に膝の後十字靱帯を痛め、レギュラーシーズン復帰ができず、ディビジョンシリーズで復帰していますが、ここでも改めて怪我をしたため手術を行っています。

確かに2年連続で盗塁が二桁だったのが2018年から盗塁数が激減しているので、スピードが落ちているのか、怪我の影響なのか・・

若干心配なところはあります。

 

そしてもう一つの問題が「契約金」です。

最新の年俸情報が分からないのですが、2018年の合意時には500万ドルから700万ドルの契約だったと言われています。

そこから半分になったと仮定しても2019年に250万ドル程度の契約が結ばれていたとすれば、日本に来る場合は、300万ドル前後は必要になってくるのでは??と予測します。

さすがに、新外国人獲得に300万ドルを使える球団となると限られてくると思いますし、日本の内野手でファースト以外のポジションしか守れないのは、ある意味厳しい・・

どちらかと言えば、強打のファースト外国人という方が日本野球の需要はありそうな気がします。

 

エドゥアルド・ヌニェス選手のイチロー愛が凄い

2014年日米野球で来日した事で認知度が高まったヌニェス選手ですが、実はイチロー選手をリスペクトしている事でも知られています。

日本への紹介記事では、

「the best Japanese guy ever! (今までで最高の日本のオトコ!)」

「イチロー・イズ・マイ・ガイ!」

といった文章を引き合いに出して紹介しているのですが、自身のインスタグラムではヤンキース時代に同僚だったイチロー選手の膝の上に顔をうずくめるシーンが投稿されていて、話題になりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

the best Japanese guy ever! Always a fun teammate to have around??

Eduardo Nunez(@eduardonunez)がシェアした投稿 -

これだけイチロー選手の事を好きだと公言しているのは、日本のムネリンくらいかと思いましたが、世界中にはイチロー信者がたくさんいる事を改めて知る事ができてよかったです!

 

以上、来日が噂される大物メジャーリーガー、エドゥアルド・ヌニェス選手の紹介でしたが、身体が健康であれば、

  • 打率.280
  • ホームラン 20本
  • OPS.800前後
  • 盗塁 15

は計算出来るのではないか?? と期待しております。陽気なラテン系の選手なので、当たり出せばチームはノリに乗ってくると思いますので、ムードメーカーとしても良いかも知れませんが・・

どこか獲得に動く球団はあるのでしょうか?これからのストーブリーグを楽しみにしましょう。

 

 巨人の補強外国人

趣味を活かした
ブログ運営のコツを無料講座で学べます
内容はこちらクリックで確認できます
↓ ↓

OMC無料講座

  • この記事を書いた人

たーくん

読売ジャイアンツに魅せられて25年。 趣味のソフトテニス歴と同じだけの長さ、ずっと応援し続けてきました。 家族や自分の事より、プロ野球発展のためブログに命を込める素人野球バカのブログのため、経験者や識者の声も聞きながら双方向で発展させていきたいと考えてますので、積極的な交流をお願いします。 【趣味】 ・野球観戦(もっぱらテレビで) ・野球ニュースをネットや動画サーフィン ・ソフトテニス ビールはもっぱら本麒麟、最近スーパードライやキリンラガービールの味を忘れつつあります。 夜の晩酌の肴は、もっぱらプロ野球観戦、ストーブリーグは各球団の戦力分析かパワプロで過ごすアラフォーパパ。

-今日のプロ野球ニュース
-, , ,

Copyright© プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.