プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ

読売ジャイアンツに魅せられて25年。プロ野球界の発展のため、巨人軍は常に最強でいてほしいと願う大阪在住の二児のパパです。

ブログランキング、応援クリック下さい♬

【ブログランキング、応援クリック下さい♬】

↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ  

パ・リーグ

楽天イーグルス期待の若手は?積極的補強でチャンスは減少か?

投稿日:2020年1月9日 更新日:

2019年オフの補強で話題をさらった楽天イーグルス。

FA補強、トレード、外国人補強と積極的に動き、戦力が充実していますが、若手の台頭はあるのでしょうか?2019年の成績やデータを見ながら、2020年にブレイクしそうな若手選手を紹介したいと思います。

 

メモ

<注意書き>

その1 筆者の独断と偏見、ニュースの情報などを加味しての選出ですが、各球団の戦力分析も兼ねて、筆者の知識を増やしたいと思っています。そのため、是非とも読者様の中で「この選手も良いよ」という方がいらっしゃれば、分析の上で追記していきたいと思いますので、コメントなどいただければ幸いです。

その2 プチブレイクした選手も中には含まれています。タイトルホルダーや二桁勝利、打率.250以上、ホームラン二桁、盗塁二桁経験者は除外とします。

 

楽天イーグルス 期待の若手2020投手編

まず投手から紹介したいのですが、その前に2019年ドラフトで獲得した投手をチェックしておきますと、

  選手名 出身校
3位 津留崎大成 慶大
5位 福森耀真 九産大
6位 瀧中瞭太 Honda鈴鹿
育成2位 小峯新陸 鹿児島城西

1位指名は東北のスター候補佐々木朗希選手に入札も、くじを外して方向転換し大阪ガスの内野手小深田大翔選手を獲得しています。

支配下7名の中で投手は3名と少ないですが、先発、リリーフ陣ともに充実した戦力があると見て、野手を多めに獲得したというところでしょうか。

とは言え、3選手とも大卒、社会人の指名という事で1年目から戦力と見込まれての獲得のため、石井GMとしては下位から化ける投手が出てくるか?楽しみといったところでしょう。

 

まず、3位の津留崎選手ですが、高校3年の時にトミージョン手術を受けていて、投げられない期間にダルビッシュ投手を見習って筋トレを敢行、「筋肉は裏切らない」がモットーのようで最速153キロの直球と速い変化球が持ち味のパワーピッチャー。

一度腕を下ろして隠す変則フォームですが、リリーフでの起用なら1年目から出てきそうな予感がします。

 

5位の福森投手ですが、大卒選手ですが素材型の印象。ストレートの質がまっスラ系で空振りが少ないという事なので、最速154キロのストレートを活かす方法をプロ入り後に模索する事になりそうです。

動画を見ると、スライダーの制球はそこそこ良さそうですが、他の変化球の制球が悪いとの評価も多いので、全体的な制球力が改善されれば先発候補になるかもしれません。

 

6位の瀧中選手ですが、龍谷大学1年の時に右肘を手術し、3年から復帰し活躍しましたが、社会人野球入りを決めていたのでプロ志望届を出さなかったようです。大学時代にプロ志望届を出していれば、下位指名もあったと言われていますが、社会人で磨いた投球術で先発候補になる可能性は十分です。

 

2020年 プチブレイク候補投手編

ドラフト選手のチェックは以上で終了し、支配下登録のプチブレイク候補の紹介に入っていきます。

まず一人目ですが、横浜高出身の「藤平尚真」選手です。

藤平尚真

早いもので4年目を迎える藤平投手、1年目から持っているポテンシャルの高さは周りも認めるところですが、2019年は未勝利に終わっています。

怪我をしたわけではないですが、2019年の登板数は3試合、開幕ローテーション入りするも2試合連続で2回KOと壁にぶち当たっている様子。

それでもファームでは9勝、防御率2.91と1軍レベルで十分通用するところは証明していますが、ファームでのK/BBが2.18とちょっと低いのが課題。

無駄な四球を出さず、球数を抑えてイニングイーターになれれば、則本、岸に次ぐ次世代のエース候補として一気にブレイクする可能性があります。

 

二人目ですが、二刀流に挑戦できる身体能力と評価の高い西日本短大付高の「小野郁」投手です。

小野郁

ドラフト時点では新庄二世と評価され、バッティングセンスの高さも話題になった小野選手も6年目を迎えます。毎年一軍で投げていますが目立った結果をあげれず、今に至ります。

ファームでは奪三振率が12.55と球団一の数字を誇り14セーブをあげていますので、来季は松井裕樹選手が先発転向の可能性もあるので、抑えの座を狙っていきたいところです。

 

三人目ですが、富士大出身の「鈴木翔天」投手です。

鈴木翔天

2018年ドラフト8位で入団していますが、当時のスカウト評でも左肘を故障し本調子でなかったという事で「指名も迷った」と故障歴が他球団から敬遠された逸材。

奪三振率が高く、ポテンシャルも高いですが、2019年は腰痛を発症し1軍デビューはありませんでしたが、ファームでは奪三振率10.29と能力の一端を見せています。

三木監督から秋季キャンプMVPに指名され、春季キャンプ入りも示唆されたほどで、開幕ローテーションを狙える力を持っています。

 

四人目ですが、倉敷商出身の「引地秀一郎」投手です。

引地秀一郎

2018年ドラフト3位で入団し、1年目はファームで体力づくりと経験を積んできましたが、ストレートと合わせる勝負球となる変化球に悩みを持っており、フォークボールをマー君スプリットに修正しています。

倉敷商の大先輩、星野仙一さんのような闘志あふれる投球が出来るか?来季飛躍が楽しみなピッチャーです。

 

この他にも、元ドラフト1位の安樂智大、森雄大両選手や中継ぎで結果を残す菅原秀、復活を目指す釜田佳直投手もいますが、美馬選手が抜けた分チャンスは広がっています。

涌井秀章、JT・シャーゴワ、酒居知史、牧田和久の4選手を獲得し、先発・リリーフともに競争は激化します。

2019年は両エースが怪我で出遅れた事もあって二桁勝利ゼロでしたが、その分石橋良太、辛島航両選手が9勝と成長していますので、2020年は二桁勝利投手が多く誕生する可能性もあり、楽しみな陣容ですね。

 

楽天イーグルス 期待の若手2020野手編

続いて、期待の若手野手の紹介に移りますが、支配下登録選手の紹介前にドラフト獲得選手を見ていきたいのですが、

1位 小深田大翔 大阪ガス 内野手
2位 黒川史陽 智弁和歌山高 内野手
4位 武藤敦貴 都城東高 外野手
7位 水上桂 明石商高 捕手
育成1位 江川侑斗 大分高 捕手
育成3位 山崎真彰 ハワイ大 内野手
育成4位 澤野聖悠 誉高 内野手

ドラフト1位で即戦力の社会人内野手を獲得していますが、育成3位の山崎選手以外は高校生の指名とかなり偏った指名です。

しかも、ドラフト1位小深田選手と2位の黒川選手は両選手ともに内野手登録。黒川選手はたしかに良い選手ですし、3~4年後には出てくると思いますが、1位に小深田選手は驚きでした。

2019年阪神タイガースでブレイクした近本選手にタイプが近いので、同タイプの働きを期待しての獲得だと思いますが、内野手は浅村選手を獲得し、茂木選手、島内選手、ウィラー選手、渡邉選手、銀次選手と充実しています。

小深田選手はドラフト1位指名なので1年目から結果を求められる立場というところが、ちょっと懸念されるところです。

 

個人的には2位の黒川選手には期待したいところ。浅村選手の後継者になれると指名挨拶でも言われていますが、木製バットの順応も出来ており、中日ドラゴンズのドラ1石川選手にも負けないセンスがあると思います。

近未来でブレイクしそうな選手だと思います。

 

2020年 プチブレイク候補野手編

ドラフト選手のチェックは一旦終わりまして、ここからは支配下登録されている選手の中からプチブレイク候補を紹介していきます。

まず一人目ですが、静岡高出身の「堀内謙伍」捕手です。

堀内謙伍

嶋捕手がヤクルトへ移籍し、捕手はチャンス到来ですが、65試合に出場した堀内選手は堅守と強肩を武器に正捕手の座を狙います。

打撃に課題はありますが、基本的な捕手能力の高さは一軍レベルと首脳陣からの評価が高いので、来季は出場試合数を伸ばしそうです。

 

二人目ですが、大阪商業大出身の「太田光」捕手です。

太田光

堀内選手に次いで、55試合に出場しており、正捕手争いできる立ち位置の捕手です。堀内選手に比べて長打力があり、意外性あるバッティングでチームを引っ張れるところが強みです。

爆笑問題の太田光さんと同姓同名なので、バラエティ番組に出演に話題にもなったので、ブレイクすれば話題性は先行しそうですね。

 

三人目ですが、明治大出身の「渡邊佳明」選手です。

渡邊佳明

実績のあるライバルの多い内野手で1年目にもかかわらず77試合に出場、打率こそ.225と低いですが、得点圏打率は.393とかなり高い数値を残しています。

祖父は、松坂大輔選手などを指導した横浜高の渡辺元智監督と、話題性も十分あり、2020年はレギュラー取り出来るか楽しみな選手です。

 

その他にも、オコエ瑠偉、内田靖人、辰己涼介といった一軍レギュラークラスの選手や巨人から移籍してきた和田恋選手、ソフトバンクホークスから移籍してきた山下斐紹捕手など、中堅選手で期待の選手も多い楽天イーグルス。

FAで鈴木大地選手が入団し、内野手争いはさらに厳しくなりますが、捕手争いと外野手争いはフレッシュな顔ぶれになる可能性が高いです。

積極的補強が実を結ぶか??2020年の楽天イーグルスは楽しみなチームです、ぜひともソフトバンクホークスを叩いて、日本シリーズで巨人との再戦を果たして欲しいと願っています。

 

 パ・リーグには注目の若手選手も多いです

趣味を活かした
ブログ運営のコツを無料講座で学べます
内容はこちらクリックで確認できます
↓ ↓

OMC無料講座

  • この記事を書いた人

たーくん

読売ジャイアンツに魅せられて25年。 趣味のソフトテニス歴と同じだけの長さ、ずっと応援し続けてきました。 家族や自分の事より、プロ野球発展のためブログに命を込める素人野球バカのブログのため、経験者や識者の声も聞きながら双方向で発展させていきたいと考えてますので、積極的な交流をお願いします。 【趣味】 ・野球観戦(もっぱらテレビで) ・野球ニュースをネットや動画サーフィン ・ソフトテニス ビールはもっぱら本麒麟、最近スーパードライやキリンラガービールの味を忘れつつあります。 夜の晩酌の肴は、もっぱらプロ野球観戦、ストーブリーグは各球団の戦力分析かパワプロで過ごすアラフォーパパ。

-パ・リーグ
-, , , , , , ,

Copyright© プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.