プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ

読売ジャイアンツに魅せられて25年。プロ野球界の発展のため、巨人軍は常に最強でいてほしいと願う大阪在住の二児のパパです。

ブログランキング、応援クリック下さい♬

【ブログランキング、応援クリック下さい♬】

↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ  

セ・リーグ

中日ドラゴンズ期待の若手 与田監督2年目に戦力の底上げがありそう??

投稿日:

2019年セ・リーグ5位に終わった中日ドラゴンズ。

投手陣は、抑えの鈴木博志選手の誤算はあったものの、大野雄大選手のタイトル獲得、柳選手の台頭、小笠原選手の復活など若手に明るい材料もあり投手王国復活も間近と思わせる充実ぶりです。

一方、野手については大島洋平選手がFA宣言せず残留、平田選手、ビシエド選手だけでなく、若手には根尾選手や今年ドラフト1位で獲得した石川昂弥選手もいますので、これから黄金期を迎える可能性もあります。

 

そんな楽しみなチームに生まれ変わりそうな与田剛監督2年目の2020年。

期待の若手選手をピックアップし、戦力分析したいと思います。

<注意書き>

その1 筆者の独断と偏見、ニュースの情報などを加味しての選出ですが、各球団の戦力分析も兼ねて、筆者の知識を増やしたいと思っています。そのため、是非とも読者様の中で「この選手も良いよ」という方がいらっしゃれば、分析の上で追記していきたいと思いますので、コメントなどいただければ幸いです。

その2 プチブレイクした選手も中には含まれています。タイトルホルダーや二桁勝利、打率.250以上、ホームラン二桁、盗塁二桁経験者は除外とします。

 

中日ドラゴンズ 期待の若手2020投手編

まずはじめに、中日ドラゴンズの2019年ドラフト獲得選手を確認します。

2位 橋本 侑樹 大阪商業大学 左
3位 岡野 祐一郎 東芝 右
5位 岡林 勇希 菰野高校 右
6位 竹内 龍臣 札幌創成高校
育成ドラフト1位 松田 亘哲 名古屋大学 右

即戦力ピッチャーとして2位、3位の上位指名で大学生と社会人を獲得していますので、2020年から早速活躍する可能性があります。

まず、2位の橋本選手ですが、183センチの72キロと細身ですがストレートは最速149キロ、左腕としては速い方で、球種はスライダー、カーブ、フォークを駆使。

フォームが変則で出所が見にくいため、最初は苦戦する可能性があるかも?リリーフでの登板が多いため、中日投手王国の一角を担う可能性あり。

 

次に3位の岡野選手ですが、東芝の宮川選手と2枚看板でドラフト指名、25歳と苦労しての指名ですが、最速149キロのストレートと変化球のコンビネーションが持ち味です。

先発、中継ぎ問わず起用が可能なタイプなので、先発起用の可能性があり?

 

その他の三名は高校生2名と育成選手という事になりますので、2~3年後に出てくる可能性がありますが、5位の岡林投手は最速153キロの身体能力の高い選手なので、育成次第では早くから出てくる可能性もあります。

 

2020年 プチブレイク候補投手編

ここまでドラフトの投手を確認しましたが、支配下登録選手で2020年にブレイクを予感させる選手を紹介してきたいと思います。

一人目ですが「山本拓実」選手です。

山本拓実

市立西宮高から2017年ドラフト6位指名で入団した、中日のリトルジャイアントです。

身長167センチと小柄ですが、自己最速は150キロ、またこの秋にはスライダーとカットボールの中間にあたる「スラッター」をマスターした事で、投球に幅が出ている様子。

2019年は9試合登板、3勝の防御率2.98をマークした若き逸材です。

 

二人目は、大谷世代で藤浪選手とともに高校ビッグ3と呼ばれた「濱田達郎」選手です。

濱田達郎

濱田選手は3年間育成契約だったのですが、今回の契約更改で支配下登録される事が決定されています。

ファームでは15試合に登板、1勝2敗ですが、大谷選手、藤浪選手と並んで評価される選手ですから、かつての力を取り戻せるか注目の選手です。

 

3人目は、2018年ドラフト2位「梅津晃大」投手です。

梅津晃大

DeNAの上茶谷投手、ソフトバンクホークスの甲斐野投手と同じ東洋大出身で、力のあるストレートを武器に前半戦はファーム暮らしでしたが、後半戦に先発に定着すると6試合に登板4勝、防御率2.34の好成績を上げています。

同級生二人もすごいピッチャーですが、梅津選手の潜在能力を評価する評論家も多く、2020年は楽しみです。

 

4人目ですが、2017年ドラフト4位「清水達也」投手です。

清水達也

花咲徳栄高校から2017年入団し、2019年はファームで18試合に登板、1軍には8試合登板し2勝2敗、防御率4.33の数字を残しています。

台湾で開催される、アジアウィンターリーグに、根尾昂内野手、石橋康太捕手、鈴木博志投手と共に清水投手も派遣されるところからも、期待の高さが伺えました・・

が、秋季キャンプで怪我をしたという事で、阿知羅拓馬選手が代わりに派遣されるようです。

怪我がひどくなければ良いですが・・・

 

その他にも、

  • 復活した左エース候補の小笠原慎之介
  • 抑えの鈴木博志
  • 中継ぎで52試合登板の福敬登
  • 上原浩治氏とフォームが似ていてブレークしそうな藤嶋健人選手

と、タレントも揃っていますので、投手王国復活もあり得るかもしれませんね。

 

中日ドラゴンズ 期待の若手2020野手編

次に、野手編ですが、まずはドラフト獲得選手から見ていきますと、

1位 石川 昂弥 東邦高校 右 内野手
4位 郡司 裕也 慶応義塾大学 右 捕手

と2名の獲得のみ。2018年に根尾選手を獲得出来ている事、内野手は高橋周平選手、阿部寿樹選手、ビシエド選手、京田陽太選手がいて充実しているため、投手編重にしたと思われます。

実際、根尾選手については京田選手の守備力を活かすため、現在外野手に挑戦中という事ですので、戦力の充実ぶりが伺えます。

 

話をドラフト選手に戻しますが、1位の石川選手は超高校級の高校生ナンバーワンバッターとも言われています。

U18でも木製バットで右方向へ大きな当たりを飛ばしていましたので、順応は早いと思われますので、1年目から活躍する可能性は大です。

 

そして、4位の郡司選手ですが、4位で獲得できてラッキーの可能性があるほど、大学生捕手の中でもレベルの高い捕手として評価されている選手です。

50m5秒8と俊足、二塁送球は1.9秒と高レベルの走攻守揃った珍しいキャッチャーです。

中日ドラゴンズのキャッチャーは、加藤匠馬選手が92試合に出場していますが、18歳の石橋捕手もウィンターリーグ参加と期待されています。

FA移籍の大野奨太選手が33試合に出場ですので、チャンス十分の球団だと思われます。

 

2020年 プチブレイク候補野手編

それでは、2020年にブレイクが予想される野手を何人か紹介していきたいと思います。

まず一人目ですが、2018年ドラフト1位「根尾昂」選手です。

根尾昂

春夏連覇の大阪桐蔭高校から鳴り物入りで入団した一年目ですが、木製バットへの順応ができず、ファームでも低迷していました。

勝手な噂で「イップスかも?」と言われていましたが、投手との二刀流が可能な身体能力は健在で、徐々に頭角を表し、終盤ファームでは打ちまくっています。

また、外野手の練習にも秋季キャンプから取り組み、潜在能力を絶賛されており、今後外野手への転向もあるのでは??と言われています。

投手でも最速150キロ近く投げた鉄砲肩のため、返球も相当良いみたいので、公式戦で見るのが楽しみです。

 

二人目ですが、同じく2018年ドラフトで関東第一高から4位で入団の「石橋康太」捕手です。

石橋康太

高卒捕手でファームで46試合に出場しただけでなく、1軍は12試合に出場しています。

取ってからの送球の速さや捕手の総合力ではすでにプロでも通用すると言われていますが、高校通算58ホーマーの打撃は1安打と課題を残していますが、2020年レギュラーの可能性あります。

 

三人目は、2017年ドラフト3位「髙松渡」選手です。

髙松渡

2018年は腰痛に悩まされるも、入団時から評価の高かった50m5.9秒を誇る俊足を武器に、9月に一軍昇格。2度の代走で結果を出している選手です。

俊足巧打のタイプのため、1番か2番に置きたい選手ですが、盗塁企画数がファームで15回ありうち5回の成功と成功率33.33%と低いのが課題。

代走で一軍を勝ち取るために、盗塁と走塁の技術をしっかりと磨けば、周東選手のような活躍が出来る可能性もありますので、期待枠として紹介しました。

 

2020年中日ドラゴンズ躍進は??

与田剛監督が2年目を迎える中日ドラゴンズ。

若手投手は期待の選手も多く、球が強い左右のエース候補もいますので、ブレイクすると一気にリーグ屈指の投手王国を築かれる可能性があります。

一方で、攻撃陣については、大島洋平選手と平田良介選手がいるものの、外野手の高齢化が一つのネックになる可能性があります。

根尾選手を外野へコンバートし、定着する事があれば、一気に若返りが進み、チームが活性化する可能性があります。

 

チーム全体は怖さがありますが、筆者の個人的な感想ですが、与田監督の采配は比較的オーソドックスなので、与し易いところを感じます。

原監督の老練な采配に比べると、巨人としてはやりやすい感覚を持っているのではないか?と思われますので、ヘッドコーチの伊東勤氏の手腕が問われそうだと個人的には思いました。

以上、2019年の中日ドラゴンズ注目の若手選手の紹介でした、楽しみな選手が多いので頑張って欲しいと願っています!

 

 セ・リーグ他球団の期待の若手は?

趣味を活かした
ブログ運営のコツを無料講座で学べます
内容はこちらクリックで確認できます
↓ ↓

OMC無料講座

  • この記事を書いた人

たーくん

読売ジャイアンツに魅せられて25年。 趣味のソフトテニス歴と同じだけの長さ、ずっと応援し続けてきました。 家族や自分の事より、プロ野球発展のためブログに命を込める素人野球バカのブログのため、経験者や識者の声も聞きながら双方向で発展させていきたいと考えてますので、積極的な交流をお願いします。 【趣味】 ・野球観戦(もっぱらテレビで) ・野球ニュースをネットや動画サーフィン ・ソフトテニス ビールはもっぱら本麒麟、最近スーパードライやキリンラガービールの味を忘れつつあります。 夜の晩酌の肴は、もっぱらプロ野球観戦、ストーブリーグは各球団の戦力分析かパワプロで過ごすアラフォーパパ。

-セ・リーグ
-,

Copyright© プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.