プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ

読売ジャイアンツに魅せられて25年。プロ野球界の発展のため、巨人軍は常に最強でいてほしいと願う大阪在住の二児のパパです。

「巨人」 一覧

北村拓巳 開幕スタメン

【大チャンス到来】北村拓巳選手はジャイアンツで開幕一塁スタメンを勝ち取れるでしょうか?

2020年の巨人は一気に若返りが進む可能性があります! そのカギを握るのが、ファーストのレギュラーですが、原監督は現時点での構想として 「北村君とか、昨年(2軍で)首位打者だった山下君とか、ナカジ(中島)。まずは捕手で勝負させる大城。この辺は大きなチャンスになる」 とコメントし、ファーストは外国人の ...

小林誠司 fa取得

小林誠司選手はFA取得時は移籍する?残留前提の複数年契約はすでにありそう?

2019年の契約更改で1億円に到達した小林誠司選手。 巨人の生え抜き捕手で1億円の大台に到達したのは、村田真一、阿部慎之助に次いで3人目の快挙ですが・・・ 村田真一氏、阿部慎之助二軍監督は、正捕手として一時代を築き、監督に代わって優勝を義務付けられた中で、結果を残してきました。 一方で小林誠司選手は ...

平間隼人 支配下登録

平間隼人内野手が史上最速で支配下登録?ドラフトレポートでの評価は?

四国アイランドリーグ・徳島インディゴソックスから2019年育成ドラフト1位で指名された平間隼人内野手。 自主トレとドラフトレポート(動画)で評価が急上昇し、球団初の育成ドラフト選手1年目にして一軍キャンプへ抜擢される予定です。 2014年には亜細亜大学のスポーツ推薦合格も辞退、家庭の事情で野球を辞め ...

巨人 育成選手

巨人の育成選手一覧まとめ2020年支配下登録されるか?注目の選手も合わせて紹介!

2020/01/20   -巨人
 

2019年の巨人は、育成選手から 坂本工宜 堀岡隼人 加藤脩平 山下航汰 の4名が支配下登録されました。 巨人の育成契約からは、山口鉄也氏や松本哲也氏といった「育成の巨人」を標榜し支配下登録され活躍した選手もいますが、近年は育成契約から目立った活躍がありません。 逆に、ソフトバンクホークスには千賀投 ...

吉川尚輝 腰痛 状態

吉川尚輝選手、現在の腰痛の状態は回復したの?原因は何だったのだろう?

2020/01/19   -巨人
 ,

2019年開幕ダッシュに成功した吉川尚輝選手、腰痛による長期離脱はチームも痛かったですが、それ以上に本人はもどかしい気持ちでしたでしょう。 一時は、 「野球をやめようか・・・」 と思ったほど、心も折れそうになっていたようです。   2年連続で怪我での離脱が続く中、2020年に期する想いは強 ...

吉川大幾 最期のPL戦士

吉川大幾選手の年俸と成績が下降中、守備の人はもうオワコン?2020年復活なるか?

2019年開幕一軍入りを果たした吉川大幾選手、結果を出せず2軍落ちしている中で、不運にも自打球右足甲に当てて骨折し、怪我の治療に追われる日々を過ごしました。 9月には1軍昇格を果たしますが、目立った結果を残せず悔しいシーズンを残した吉川大幾選手、2020年は崖っぷちに立たされていると危機感を持って、 ...

山下航汰 評価

山下航汰外野手の評価がうなぎのぼり?怪我の心配はないの?開幕一軍は狙えそう?

2019年にイースタン・リーグの首位打者を獲得し、周囲を驚かせた山下航汰選手。 高卒1年目での首位打者は高木守道、イチロー氏以来の快挙だそうで、打率.332は二位の関根元気選手と.003差でしたが、3割超えは山下選手と関根選手のみとハイレベルな争い。 育成ドラフトでの獲得でしたが、支配下登録され一気 ...

増田大輝 現在

ジャイアンツ増田大輝選手は現在レギュラー獲りのチャンス!若手ライバルは誰?

2019年年末に地元徳島の渋野町で有志によって作られたイベント「応援する会」に出席し、英気を養った増田大輝選手。 親子連れの200人が参加したイベントで、2020年の活躍を誓っていますが、元木ヘッドコーチはもっと高いレベルへの進化を求めており、テレビ番組では「広島の菊池選手のようになってほしい」と注 ...

岡本和真 覚醒

岡本和真選手の覚醒は本物か?2020年東京オリンピックの侍ジャパン代表になれるかで評価が分かれそう

2020/01/14   -巨人
 ,

2018年3割30本100打点をマークし、覚醒した感のある岡本和真選手ですが、2020年東京オリンピック侍ジャパンの代表にも選ばれるか?注目の選手ですが・・ 今年は40本120打点をクリアしてほしいですが、さらなる覚醒は期待出来るでしょうか?ここでは岡本和真選手が2018年覚醒した理由と、2020年 ...

加藤脩平 ドラフト

加藤脩平外野手の評価は丸佳浩級?育成ドラフト上がりの苦労人の守備や打撃成績はどうなの?

昨年の巨人は育成出身の支配下登録された選手が3人と、チャンスをモノにしてきた選手も多かったのですが、それだけ近年のドラフトでは育成ドラフトの重要性が増しているという事が言えます。 巨人の育成ドラフトは、山口鉄也、松本哲也選手など、1軍の主力に成長した実績もありますので、支配下登録からチャンスを拡げて ...

Copyright© プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.