プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ

読売ジャイアンツに魅せられて25年。プロ野球界の発展のため、巨人軍は常に最強でいてほしいと願う大阪在住の二児のパパです。

「巨人」 一覧

イスラエルモタ 支配下登録

イスラエルモタ選手、巨人で支配下登録なるか?守備や2軍成績から課題を考察

読売巨人(ジャイアンツ)に、待望の長距離砲外国人が育成される?? 広島東洋カープのバティスタ、A.メヒア選手など、他球団では自前で育成した外国人選手が大成し、一軍で活躍する姿をよく見かけますが、巨人は日本人選手だけでなく、外国人選手も積極的に育成がはじまり、2年目のイスラエル・モタ選手が昨年から注目 ...

與那原大剛 怪我

與那原大剛選手、怪我から支配下登録復帰なるか?過去の成績やドラフトレポートから評価を考察

巨人の育成選手の争いが、今もっとも熱い! 2015年ドラフト3位で入団した與那原大剛選手、2018年6月にトミー・ジョン手術(右肘内側側副じん帯再建術)を行ったため、2019年から育成選手として再契約していますが、2020年春季キャンプには1軍メンバー入りし、怪我からの回復は順調です。 この春のアピ ...

古川侑利 後援会

読売巨人(ジャイアンツ)移籍の古川侑利選手に後援会が発足!開幕一軍狙えるか?

いよいよ春季キャンプがはじまる読売巨人(ジャイアンツ)軍。 1軍、2軍に振り分けられて、宮崎でキャンプをスタートさせますが、宮崎県総合運動公園内で行われますので、入れ替えは頻繁に行われる可能性は大です。 2月13日まで宮崎で行われるキャンプは、2月15日から1軍だけ沖縄の二次キャンプへと場所を移しま ...

巨人 ドラフト 2016 評価

読売巨人(ジャイアンツ)2016年のドラフトの評価や育成状況はどうなの?

2016年オフの巨人(ジャイアンツ)のドラフト会議は、2019年から振り返って評価はどうなんだろう? という事で、ここでは2016年ドラフト戦略の評価と、現在までの育成状況を見ていきたいと思います。   2016年巨人のチーム成績 まず最初に、2016年の巨人ですが、原監督から高橋監督に代 ...

巨人 ドラフト 2014 評価

読売巨人(ジャイアンツ)ドラフト2014年、近年で最高の評価か?

巨人へFAで移籍してきた選手たちが円熟期を迎え、坂本勇人、長野久義、阿部慎之助といった生え抜きの中軸が機能し、2012年から続くセ・リーグ3連覇を果たした巨人。 2014年オフは、将来を見据えたドラフト戦略という事で、一位指名を高校生ナンバーワンスラッガーの岡本和真選手を単独指名。 大田泰示選手以来 ...

巨人 ドラフト 2015 評価

読売巨人(ジャイアンツ)の2015年ドラフト、本当のところの評価はどうなの?

毎年開催されるドラフト会議は、プロ野球選手にとって初めて通る関門ですが、その年のドラフト戦略が未来のチームの根幹を作る事になります。 一年間ペナントレースを戦い抜いて出てきた弱点を的確に補強し、将来のチーム像を描くのに重要なドラフトは、その年の人気選手を獲得できるか?も重要ですが、下位指名でも戦力に ...

黒田響生 支配下登録

黒田響生内野手は阿部監督の秘蔵っ子となり支配下登録なるか?守備より高校通算10本塁打の打力が課題

いよいよ春季キャンプが開幕しますが、今年の巨人のキャンプはかなり楽しみな選手が多いですが・・ 中でも阿部慎之助二軍監督が唯一名前を挙げたのが育成ドラフトで支配下登録を目指す「黒田響生」内野手です。 黒田響生選手、名前は知っていてもどんな選手なんだろう??と知らない方も多いかもしれませんが、今年ブレイ ...

戸郷翔征 覚醒

戸郷翔征選手、一軍で活躍するための3つの条件

2020/01/28   -巨人
 

2018年ドラフト6位から彗星のごとく出現した戸郷翔征選手、春季キャンプを一軍で迎える2020年飛躍の年を予感させます。 山口俊選手との自主トレでは体重アップ、脱力投法のヒントも得て、ますます期待感が高まりますが、一方で課題も山積みです。 ここでは活躍するための条件を3つ絞り込み、戸郷翔征選手が一軍 ...

陽岱鋼 契約更改

陽岱鋼選手の契約更改での決意は実るか?五輪出場それとも巨人とレギュラー獲りで見送りか?

北海道日本ハムファイターズで輝いていた、あの時の陽岱鋼選手を再び見たい! 巨人にFA移籍して3年が経過しましたが、毎年怪我に見舞われ途中離脱のイメージがありますが、3年目は大きな怪我もなく1軍で過ごしましたが、丸佳浩選手の加入、亀井善行選手の活躍もあって、シーズンワーストの打席数となりました。 5年 ...

長野久義 引退

長野久義選手は引退も覚悟?FA宣言なしで残留は不退転の決意と見た!

2018年オフに丸佳浩選手の人的補償として広島に移籍し、一年目は苦汁をなめる結果となった長野久義選手。 2019年オフはFA宣言せず残留した事で、引退も覚悟した不退転の決意が見られます。 ここでは長野久義選手の歴代の成績や年俸、過去のデータから課題や2020年に期待するところをまとめます。 &nbs ...

Copyright© プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.