プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ

読売ジャイアンツに魅せられて25年。プロ野球界の発展のため、巨人軍は常に最強でいてほしいと願う大阪在住の二児のパパです。

ブログランキング、応援クリック下さい♬

【ブログランキング、応援クリック下さい♬】

↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ  

自分のこと

上原浩治さんの新著書「OVER」購入しました

投稿日:2019年10月22日 更新日:

おはようございます。

Yahooニュースで上原浩治さんの新著書の存在を知りました・・・汗

上原ファンと公言しながら、SNS関係は面倒なのと、引退後の最新情報を追いかける事はしなかったので、新しい著書を出しているのも知りませんでした。

→ OVER - 結果と向き合う勇気 - (JBpressBOOKS)
「電撃引退――。“雑草魂"が枯れるとき、上原浩治は何と戦ったのか。」

上原選手が、なぜ引退を決めたのか?

電撃的な巨人に復帰からの2年間を振り返る著書という事で、最後にどんな想いを持って巨人に復帰を決めてくれたのか?

メジャーのプライドもあったはずなのに、その中で葛藤を抱えながら高橋由伸監督とどう接してきたのか?そして最後に原監督とどんな言葉を交わしたのか・・・

 

スペシャルなゲストとの対談を通して、上原選手の想いに少しでも触れる事ができれば・・

そんな想いで購入しました。

届くのが楽しみです。

 

上原浩治の現役時代の戦績

上原選手の現役成績は以下の通り。

年度 チーム名 防御率 勝利 敗戦 セーブ 試合 完投 完封 ホールド 勝率 投球回
1999 巨人 2.09 20 4 0 25 12 1 - 0.833 197 2/3
2000 巨人 3.57 9 7 0 20 6 1 - 0.563 131
2001 巨人 4.02 10 7 0 24 4 1 - 0.588 138 2/3
2002 巨人 2.60 17 5 0 26 8 3 - 0.773 204
2003 巨人 3.17 16 5 0 27 11 1 - 0.762 207 1/3
2004 巨人 2.60 13 5 0 22 2 0 - 0.722 163
2005 巨人 3.31 9 12 0 27 6 2 0 0.429 187 1/3
2006 巨人 3.21 8 9 0 24 5 0 0 0.471 168 1/3
2007 巨人 1.74 4 3 32 55 0 0 4 0.571 62
2008 巨人 3.81 6 5 1 26 2 0 5 0.545 89 2/3
2009 BAL 4.05 2 4 0 12 0 0 0 0.333 66 2/3
2010 BAL 2.86 1 2 13 43 0 0 6 0.333 44
2011 BAL/TEX 2.35 2 3 0 65 0 0 22 0.4 65
2012 TEX 1.75 0 0 1 37 0 0 7 - 36
2013 BOS 1.09 4 1 21 73 0 0 13 0.8 74 1/3
2014 BOS 2.52 6 5 26 64 0 0 1 0.545 64 1/3
2015 BOS 2.23 2 4 25 43 0 0 0 0.333 40 1/3
2016 BOS 3.45 2 3 7 50 0 0 18 0.4 47
2017 CHC 3.98 3 4 2 49 0 0 14 0.429 43
2018 巨人 3.63 0 5 0 36 0 0 14 0 34 2/3
2019 巨人

メジャーに移籍してからは、リリーフとして活躍し、前人未到の100勝100ホールド100セーブを達成。

武器はストレートと複数種類のSFFでしたが、何よりも精密機械とも言われるほどのコントロールの良さ。

コントロールの良さは、数字でも証明されており、現役1500回以上投げた選手の中で、暴投数がわずかに「10」です。

160回に一回しか暴投しないという事で、試合を壊さない投手だった事が、これでも分かります。

 

また、K/BB(奪三振数を与四球数で割った数値)は、驚異の6.64(1400奪三振211与四球)と圧倒的な数字です。

この数字は、全世界で見ても圧倒的な数字と言われていて、

日本では

二位の土橋正幸氏で4.61、杉浦忠氏で4.29、現役では菅野智之投手の4.63

メジャーでも、

一位のTボンド氏の5.04、Cシリング氏の4.38、現役のドジャースのCカーシヨウ投手でも4.24と、どの数字を持ってしても敵いません。

四球が少なく、奪三振率が高い投手という事で、攻略が難しい投手だったという事が、この点からも分かりますよね。

 

また、晩年の上原選手と言えば、ストレートは140キロ前後・・

いわゆる「遅いストレート」でもメジャーの強打者は空振りしてしまうため、不思議がられていたものですが・・・

遅いストレートでも、工夫次第では長く現役を続けることを証明してきた事も、大きな功績だと思います。

 

そんなレジェンドの上原選手が、2019年5月急に現役引退発表・・・

春先のキャンプのときには、原監督も「クローザーで勝負してほしい」なんて事も言っていたのに、まさかの事態・・

もしかしたら、原監督も、キャンプを見て「厳しいかも・・」と思っていたのかもしれませんね。

それでも、レジェンド級の選手ですし、復活してほしいと願っている気持ちもあったのかもしれません。

 

当時のエースをリリーフ転向したのは、原監督ですからね・・

上原選手の適正を見抜いての采配だと思うのですが、原監督の眼力は本当に素晴らしいです。

 

とは言え・・

レベルの違う話で申し訳ないですが、私もソフトテニスを長年やっていて、ペアが衰えてきているのを見ていても、「なにかきっかけで変わる事もあるはず」なんて思って、一番良かった時のイメージをずっと引きずっている事もありました。

周りって、勝手に一番良かった時のイメージを持つので、余計にその期待に応えようとして、フォームを崩したり、時には怪我をしたり・・となっていくのもあるので、期待に答えるのって大変ですよね。

 

上原選手は、どんな事を考え、そして持ち前の雑草魂が枯れてしまったのか・・

OVERで語られている事も、また感想としてシェアしていきたいと思います。

 

今日は、上原選手の話を少しさせて頂きましたが、また上原選手の事も触れていきたいと思います。

 

追伸

今日は、もう一記事書きたいと思います。

記事は

原監督の懐の深さに感動

の予定です。

16:16更新しました。

→ 原巨人、ONE TEAM=ワンチームとなれるか?

(タイトル、変わってしまいましたw)

 

 読売ジャイアンツ愛についてパート1書いてます。

→ 読売ジャイアンツ愛に目覚めたのは15歳ごろ

趣味を活かした
ブログ運営のコツを無料講座で学べます
内容はこちらクリックで確認できます
↓ ↓

OMC無料講座

  • この記事を書いた人

たーくん

読売ジャイアンツに魅せられて25年。 趣味のソフトテニス歴と同じだけの長さ、ずっと応援し続けてきました。 家族や自分の事より、プロ野球発展のためブログに命を込める素人野球バカのブログのため、経験者や識者の声も聞きながら双方向で発展させていきたいと考えてますので、積極的な交流をお願いします。 【趣味】 ・野球観戦(もっぱらテレビで) ・野球ニュースをネットや動画サーフィン ・ソフトテニス ビールはもっぱら本麒麟、最近スーパードライやキリンラガービールの味を忘れつつあります。 夜の晩酌の肴は、もっぱらプロ野球観戦、ストーブリーグは各球団の戦力分析かパワプロで過ごすアラフォーパパ。

-自分のこと
-, , , ,

Copyright© プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.